産経WEST

【サッカーなんでやねん】8月の東アジア・カップに「反日騒動」の予感… また中韓に不快な思いをさせられるのか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【サッカーなんでやねん】
8月の東アジア・カップに「反日騒動」の予感… また中韓に不快な思いをさせられるのか

前回の東アジア杯日韓戦で韓国のサポーターが掲げた安重根の肖像画。同じことを繰り返させてはならない=ソウルの蚕室五輪スタジアム

 12年のロンドン五輪でも、韓国選手が竹島領有を主張するプラカードを掲げるなど、これまで、日韓戦や日中戦で、日本は何度も嫌な思いをさせられてきた。そういった“歴史”を振り返れば、日本サッカー協会は大会が始まる前に、韓国や中国のサポーターや選手が反日的な行動を取らないように東アジア・サッカー連盟に申し入れをしておくべきだ。特に、ホスト国である中国には、そういった行為があった場合には即座に対応し、厳重に取り締まるように要請しておかなければならない。そして、実際に発生した場合には、二度と繰り返さないよう、強硬に抗議してほしい。

 個人的には、これまで事態を荒立てないよう穏便な態度に終始してきた日本協会の姿勢が、韓国や中国に反日的な行為を何度も繰り返させる遠因となっていると思うからだ。

 サッカーと政治は別物だし、スポーツの世界にむやみに政治の世界のいざこざを持ち込んではならないのも常識だ。国際サッカー連盟(FIFA)の規定にも反する。希望を述べれば、今回の大会ではスポーツと政治の両者をきっちりと区別し、ピッチ内で東アジアのフェアプレーの精神が醸成されることを望むが、無理な話なのだろうか。選手がサッカーに集中し、サポーターもプレーそのものを楽しんでほしいと思うのだが、そのレベルにはまだほど遠いのだろうか。

 ちなみに、日韓戦は男子が8月5日、女子は4日、日中戦は男子が大会最終日の9日、女子は8日に予定されている。この文章が杞憂に終わってほしいと思う。

このニュースの写真

  • 8月の東アジア・カップに「反日騒動」の予感… また中韓に不快な思いをさせられるのか

関連トピックス

「産経WEST」のランキング