産経WEST

【ビジネスの裏側】梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる

コーヒーを飲みながら書籍が選べる「梅田 蔦屋書店」の店内=大阪市北区(竹川禎一郎撮影) コーヒーを飲みながら書籍が選べる「梅田 蔦屋書店」の店内=大阪市北区(竹川禎一郎撮影)

 そんな中、取次大手のトーハンは、取引先書店の商品や売り場構成を提案する「ほんをうえるプロジェクト」を25年に始めた。「土を耕し、種を植え、水をやるように、手間をかけて本を売る環境を整える」(同社広報)という。

 6月21日の「父の日」には「父、缶動。」のキャッチコピーを入れたパネルを作製。オリジナルの缶詰と写真集などを並べて売るというユニークな企画を提案したところ、全国の約30書店が実際に特設コーナーを設置したという。

 7月には涼しさを演出する金魚をテーマにした書籍コーナーも提案。担当者は「大きなスペースがなくても、売り方や話題作りで、情報発信基地として書店を応援したい」と話す。

 「出版不況」の打開に向けた新ビジネスの挑戦に今後も注目が集まる。

このニュースの写真

  • 梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる
  • 梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる
  • 梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる
  • 梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる
  • 梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる
  • 梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる
  • 梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる

「産経WEST」のランキング