産経WEST

レトロな昭和の町 80分の1の銭湯や神社、廃刊雑誌まで…旧三木家住宅で模型展

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


レトロな昭和の町 80分の1の銭湯や神社、廃刊雑誌まで…旧三木家住宅で模型展

昭和のレトロな雰囲気を感じさせる作品が並ぶ会場=姫路市林田町中溝

 昭和30~40年代の町並みを再現した模型が並ぶ企画展「昭和レトロ模型展」が、兵庫県姫路市林田町中溝の林田大庄屋旧三木家住宅で開かれている。80分の1スケールの銭湯や神社、商店に町工場などの模型が展示され、精巧な作品に観光客らが見入っている。20日まで。

 旧三木家住宅で毎年開催している「林田七夕まつり」の関連企画として実施。「主屋」の一角に設けられたスペースでは、ミニチュア作りをしている加瀬康之さん(61)=姫路市=の作品約60点が並ぶ。

 厚紙や木材などを使って制作した作品は、どれも細部にまで趣向を凝らしている。書店の中には、現在は廃刊になった少年雑誌や婦人雑誌などを再現して陳列。自動車整備工場には、タイヤや金属の部品などが乱雑に置かれ、作業する人の姿もミニチュアで再現した。立派な瓦屋根が印象的な銭湯では、入り口で会話をするカップルや風呂から上がりのれんをくぐって出てくる人などが表現されている。訪れた人たちは、作品をのぞき込んで昭和のまちの雰囲気や人々の息づかいを感じている。

 公開は期間中の毎週金~月曜日と祝日の午前10時~午後4時まで。問い合わせは事務局((電)079・261・2338)。

「産経WEST」のランキング