産経WEST

【芸能考察】悩み・不眠の解消…“真の力”魅せるクラシック音楽 あの稲川淳二さんコラボ肝試しCDも登場

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【芸能考察】
悩み・不眠の解消…“真の力”魅せるクラシック音楽 あの稲川淳二さんコラボ肝試しCDも登場

稲川淳二さんのおどろおどろしい怪談の世界と、世界の有名なクラシック音楽を融合させた「稲川怪談クラシック」

 橋下徹・大阪市長が大阪府知事時代から進めている文化行政の方針転換で、大阪府内に拠点を置く大阪交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、日本センチュリー交響楽団という4つのオーケストラでは補助金を削減されるなどして、経営的困難が続いている。

 橋下市長のこうした改革を機に、自治体とオーケストラとの関係やクラシック音楽を巡る論議が盛んになったが、そんななか、ユニークなクラシック音楽のCDが2種類登場した。

 ひとつは、クラシック音楽に造詣の深い医師で医学博士の藤本幸弘さんが監修・選曲、そして解説まで手がけた「藤本先生の聴くだけでスッキリ!」シリーズ(ユニバーサルミュージック合同会社、各2000円+税  http://www.universal-music.co.jp/fujimoto-takahiro/products/uccg-6165/ )だ。

 「痛みがスッキリ」「悩みがスッキリ」「不眠がスッキリ」の3種類で成る音楽療法CDなのだが、藤本さんによると、痛みには「急性痛」と「慢性痛」の2種類があるが、ほぼすべての痛みはストレスに起因しており、自律神経が強く関わっているという。

 そこで、美しいクラシック音楽によって自律神経が安定化するかどうかを調べるため、30人にシャルル・カミーユ・サン=サーンス(フランスの作曲家兼ピアノ奏者)の組曲「動物の謝肉祭」からの「白鳥」を聴かせ、自律神経の緊張度の変化を調べたところ、聴いた後に交感神経、副交感神経ともに緊張していたのに、聴いた後、バランス状態に好転した人が4人、ストレス状態がバランス状態に変わった人が11人など、30人中25人でリラックス効果が見られたという。

(次ページ)痛みスッキリ…「ホフマンの舟歌」やマーラー、あのジュピター…

このニュースの写真

  • 悩み・不眠の解消…“真の力”魅せるクラシック音楽 あの稲川淳二さんコラボ肝試しCDも登場
  • 悩み・不眠の解消…“真の力”魅せるクラシック音楽 あの稲川淳二さんコラボ肝試しCDも登場
  • 悩み・不眠の解消…“真の力”魅せるクラシック音楽 あの稲川淳二さんコラボ肝試しCDも登場

「産経WEST」のランキング