産経WEST

【戦後70年】姫路空襲 白鷺城が復興へ勇気与えた 「二度と危機ない世の中に」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【戦後70年】
姫路空襲 白鷺城が復興へ勇気与えた 「二度と危機ない世の中に」

黒い擬装網で覆われた姫路城の天守閣(昭和17年頃撮影、姫路市史編集室提供)

 白く輝く天守閣を持つ世界遺産・姫路城。「平成の大修理」を終え連日多くの観光客が訪れる。しかし、先の大戦中、戦火から逃れるため城は黒く擬装していた。姫路の市街地を襲った2度目の空襲から3日で70年。焦土と化したまちに残った城は、被災した市民らを鼓舞し復興の礎になった。戦争体験者らは「城にもまちにも二度と危機がない世の中にしてほしい」と願う。(上阪正人、小川勝也)

 昭和20年7月3日午後11時半ごろ、警戒警報が出ていた市中心部の実家で、旧制中学1年だった高谷日出男さん(82)=同市嵐山町=はB29の動向を伝えるラジオに耳を傾けていた。「毎日のように出る警戒警報。今日も姫路にはこないやろ」と高をくくっていたその矢先、空襲警報に間髪入れずB29が飛来した。

 バターン、バリバリ-。何かが崩れるような物音を聞き、慌てて表に出ると約30メートル離れた家から火の手があがっていた。「先に逃げとるで」。家にいた父と祖父に伝え、避難先へ逃げるため、城の方向に駆けた。現在の好古園近くを通るとき、ふと思い立って天守閣に手を合わせた。城は暗闇の中でほとんど見えなかったが、いつも見ている。場所はわかった。「焼けんといてくれよ。絶対残ってくれ」。必死で祈った。

 夜道を夢中で逃げ、城の北西方面にある親類宅に着いた。市街地の方向をみると、空は赤く染まり、家々を焼き尽くす炎に照らされた姫路城の天守閣が煙の中に浮かび上がってみえた。高谷さんは「赤く浮かび上がった城と立ちこめる煙。不気味だった」と振り返る。

このニュースの写真

  • 姫路空襲 白鷺城が復興へ勇気与えた 「二度と危機ない世の中に」

「産経WEST」のランキング