産経WEST

大阪会議準備会合は「不要」と堺市長 規約作成は事務方で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪会議準備会合は「不要」と堺市長 規約作成は事務方で

竹山修身堺市長

 大阪府と大阪市、堺市の首長や議員が広域の行政課題を話し合う「大阪戦略調整会議」(大阪会議)をめぐり、松井一郎府知事(大阪維新の会幹事長)が開催を求めていた首長と議長による準備会合について、竹山修身(おさみ)堺市長は3日、「不要」との認識を示した。

 大阪会議の設置を主導した自民党府連の幹部と会談後、堺市役所で記者団に答えた。自民側とは、3自治体の担当職員間の打ち合わせで規約作成を進める考えで一致したという。

 松井氏の要求通りに首長と議長で準備会合を開いた場合、参加者6人中、竹山氏を除く5人が維新のメンバーになる。竹山氏や自民側には、会議運営の主導権を維新が握ることへの警戒感があるとみられる。

 竹山氏は同日夕、堺市役所で自民の花谷充愉(みつよし)府議団幹事長、柳本顕(あきら)大阪市議団幹事長らと会談。終了後、両幹事長は7月中に規約を完成させ、8月上旬にも初会合を開く日程で準備を進める意向を表明した。

 一方、松井氏は3日、記者団に対し、近く日時を指定して準備会合への参加を求める文書を発送する考えを明らかにした。

このニュースの写真

  • 大阪会議準備会合は「不要」と堺市長 規約作成は事務方で

「産経WEST」のランキング