産経WEST

「調子はどない?」「何でやねん!」関西弁の介護人形開発 枚方の業者、認知症予防や徘徊軽減へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「調子はどない?」「何でやねん!」関西弁の介護人形開発 枚方の業者、認知症予防や徘徊軽減へ

関西弁を話す女の子の人形を抱く成本倖子さん=枚方市

 大阪府枚方市の介護用品販売会社が、関西弁を話す女の子の人形を開発した。認知症予防や徘徊(はいかい)軽減が目的で、話しかけると「調子はどない?」と応答するほか、「何でやねん!」と突っ込みも。今月から東日本大震災の被災地や介護施設などを訪問するボランティアに無償で貸し出す。

 開発したのは枚方市で介護関連事業を手がけ、産婦人科病院を運営する「洛元」。会長の成本倖子(さちこ)さん(55)が15年飼っていたミニチュアダックスフントが昨年死に、ペットロス症候群に悩んだのが開発のきっかけで、「年配の方が孫を抱っこしたときの感触がよみがえる人形を作れないか」と思い立った。

 人形はシリコーン製で柔らかく、話すたびに目と口が動く。成本さんが関西のタレントスクールを回って約200人の子役の肉声を聞いた上で、大阪市在住の5歳の女児の声に決めた。

 人形が話す言葉は約150種類。すべて関西弁のイントネーションで、「こんにちは」などのあいさつや、話しかける言葉に応じて「何があったん?」「うれしいね」「聞かせて」などと応じるほか、童謡の「どんぐりころころ」「春の小川」「さくら」など15曲も歌えるといい、成本さんは「認知症予防や徘徊軽減を期待できる」と話す。

 東北地方や各地の介護施設などを訪問しているボランティア向けに約100体を無償で貸し出すほか、今月中旬からは一般販売(2万9800円)も予定している。問い合わせは洛元((電)06・6253・0945)。

「産経WEST」のランキング