産経WEST

【歴史事件簿】ミッドウェー海戦(1) 解読された暗号、軍部の奢りで情報がアメリカに筒抜け

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【歴史事件簿】
ミッドウェー海戦(1) 解読された暗号、軍部の奢りで情報がアメリカに筒抜け

当時のミッドウェー島

 昭和17(1942)年5月、日本海軍機動部隊は南太平洋・珊瑚海(さんごかい)でアメリカと繰り広げた史上初の空母対決が痛み分けに終わると、息をつく暇もなく北太平洋のミッドウェー島の攻略作戦に乗り出した。4月に東京がアメリカ空母から発進した爆撃機の空襲を受けたため、急いで防衛線を築き敵空母壊滅の必要性に迫られたからだ。このため珊瑚海で損傷を受けた2隻の空母の復帰を待つことなく、4隻の空母を中心とした艦隊はミッドウェーに向かっていった。

帝都空襲

 真珠湾のアメリカ太平洋艦隊を攻撃して以来、日本軍はマーシャル諸島、ウェーク島へ進む。表向きには順調に作戦が進んでいるようにも見えたが、先々ではどこからとなく現れたアメリカの艦載機に常に悩まされた。

 そのたびに真珠湾で空母を取り逃したことが、連合艦隊司令長官、山本五十六(いそろく)大将の頭の中にはあったのだろう。

 「空を制すことが戦いを制する」。アメリカ空母を撃滅しない限り勝利はないと、日米戦の拠点づくりとして計画されたハワイ上陸の前哨戦に位置づけられたのが、ミッドウェー作戦だった。

 まだ総力で勝っているときにミッドウェー島に陸海空で攻撃を仕掛け、そこに現れたアメリカ空母を全力でたたく…という腹づもりだった。だが、「本当に空母が現れるのか」「島に戦略上の意味がない」「島を占領するより維持する方が難しい」などという理由で陸海軍はともに首を縦に振らなかった。

 そこで山本大将が真珠湾攻撃の成功で得た国民的人気を背景に、“進退うかがい”をちらつかせてきたことから、陸軍はともかく海軍は渋々認めるしかなかった。

このニュースの写真

  • ミッドウェー海戦(1) 解読された暗号、軍部の奢りで情報がアメリカに筒抜け
  • ミッドウェー海戦(1) 解読された暗号、軍部の奢りで情報がアメリカに筒抜け
  • ミッドウェー海戦(1) 解読された暗号、軍部の奢りで情報がアメリカに筒抜け
  • ミッドウェー海戦(1) 解読された暗号、軍部の奢りで情報がアメリカに筒抜け
  • ミッドウェー海戦(1) 解読された暗号、軍部の奢りで情報がアメリカに筒抜け

「産経WEST」のランキング