産経WEST

規制委が美浜原発の審査打ち切り示唆  関電、基準地震動見直しの岐路

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


規制委が美浜原発の審査打ち切り示唆  関電、基準地震動見直しの岐路

 原子力規制委員会は1日の定例会合で、関西電力が原則40年の運転期間を延長して再稼働を目指す美浜原発3号機(福井県)について、「8月末までに基準地震動(耐震設計の目安となる地震の揺れ)が確定しない場合、大きな判断をしなければならない」と指摘した。関電の対応が遅い場合、審査打ち切りの可能性を示唆したものだ。

 原発の運転期間は原則40年に制限され、美浜3号機は来年11月に「40年」の期限を迎える。規制委は、新規制基準に基づく審査から、運転延長認可が終わるまでを「15カ月程度」と想定。今年8月中に美浜3号機の基準地震動を確定しなければ期限を過ぎ、審査継続は難しいと判断した。

 規制委の田中俊一委員長は「美浜3号機だけにかかりきりになるわけにはいかない」と述べ、関電に早急な対応を促した。

 美浜3号機の審査をめぐっては、関電は地震想定で「震源断層は4キロより深い」と説明していたが、規制委は6月の審査会合で「3キロより深い」に見直すよう迫り、基準地震動は確定していなかった。震源を浅くすると、基準地震動が大きくなり、耐震性向上に必要となる対策工事が増える可能性がある。40年の期限が迫る中、基準地震動の見直しが間に合わなければ、廃炉の可能性がある。

「産経WEST」のランキング