産経WEST

【東海道新幹線火災】「逃げろ」「まだ子供が」座席乗り越え、後部車両へ 騒然となる「のぞみ225号」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【東海道新幹線火災】
「逃げろ」「まだ子供が」座席乗り越え、後部車両へ 騒然となる「のぞみ225号」

白煙を上げる東海道新幹線「のぞみ225号」の車内の様子=30日(乗客提供)

 突然、煙が充満し、鼻をつく油の臭いが車内に広がった。30日午前、新横浜-小田原間を走行中の東海道新幹線「のぞみ225号」で発生した火災は、2人が死亡し、20人以上が負傷する惨事となった。「逃げろ」「火が出ている」。混乱の車内から命からがら逃げ出し、京都駅で降車した乗客たちが、恐怖の瞬間を振り返った。

「逃げろ」の叫び声

 1号車の前から4列目に座っていたという横浜市の60代の女性は、リュックサックを担いだ小柄な男が通路を2~3回往復する様子を目撃したいう。事件発生当時の1号車はほぼ満席。男がデッキに出たときも「座るところがないので、デッキに座るのかな」と思っただけだった。

 だがその直後、突然前に座っていたスーツ姿の男性が「逃げろ」と叫び、通路を走りだした。女性も何のことかわからないまま、夢中で逃げた。

 ほぼ同時に、白っぽい煙と、油が燃えるようなにおいが1号車に立ちこめたという。女性は「座席を乗り越えて逃げる人もいた。一歩間違えば死んでいたかもしれない。本当に怖かった」と振り返った。

後ろへ、後ろへ

 まもなく「火災があった」と車内放送が流れた。非常ブザーがけたたましく鳴り響くなか、1号車だけでなく、2号車にいた乗客も後ろの車両へと移動を始めた。

「焼身自殺…テロかと思い、恐ろしかった」…蒸し風呂、5時間も…

このニュースの写真

  • 「逃げろ」「まだ子供が」座席乗り越え、後部車両へ 騒然となる「のぞみ225号」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング