産経WEST

【東海道新幹線火災】安全神話に激震 「死ぬかと思った」車内パニック

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【東海道新幹線火災】
安全神話に激震 「死ぬかと思った」車内パニック

 開業から半世紀、安全神話を誇る東海道新幹線で、車内に油がまかれ火が放たれた。神奈川県小田原市内で30日午前に緊急停止した「のぞみ225号」。何者かが1号車で頭から油をかぶり、焼身自殺を図ったという。車内には煙が充満。複数の乗客が巻き添えで負傷し、居合わせた人はツイッターに「死ぬかと思った」と書き込んだ。航空機とは違って、もともと乗客の手荷物検査は行っておらず、かねてテロへの脆弱(ぜいじゃく)性も指摘されてきた新幹線。現行の運行管理態勢を根底から揺さぶる事件に、衝撃が走った。

「油かぶり火を…」「トイレ近くに倒れて…」

 「油のようなものをかぶって火を付けた」「トイレの近くに人が倒れていた」。午前11時半すぎから、警察や消防に次々と通報が入った。

 MBSテレビは事件直後の車内の状況を撮影し速報。煙が立ちこめる車両の連結部では、乗客とみられる人が倒れ込んでいた。ハンカチで口元を覆いながら慌ただしく避難する人、小さな子供を抱えて逃げ出す人もいた。映像では1号車の天井が焦げ、座席や床はすすで黒ずんでいるように見えた。

(次ページ)「目前で!」「俺のジャケットも発火」「お客様の中にお医者さまは…」

このニュースの写真

  • 安全神話に激震 「死ぬかと思った」車内パニック
  • 安全神話に激震 「死ぬかと思った」車内パニック
  • 安全神話に激震 「死ぬかと思った」車内パニック
  • 安全神話に激震 「死ぬかと思った」車内パニック

関連トピックス

「産経WEST」のランキング