産経WEST

「たま駅長」社葬に中東の「アルジャジーラ」も 国際的な人気改めて示す

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「たま駅長」社葬に中東の「アルジャジーラ」も 国際的な人気改めて示す

「たま」は葬式でも人気の高さを示した

 人気駅長だった「たま」の社葬には、多くの外国人の姿もあった。ドイツ人で三重大に留学中のアンナ・マスラウさん(23)は来日前にドイツのテレビ番組でたまを見て、会いたいと思っていたという。「天国の駅でも、駅長をしていると思います」と言葉を詰まらせた。

 中東の衛星テレビ局「アルジャジーラ」も社葬の様子を取材。今月中旬から、日本の鉄道のドキュメンタリー番組制作のため来日していたといい、スタッフのラムジー・ザリフェさんは「この鉄道は、たま駅長のおかげで生き返った。これからも2代目、3代目と猫の駅長が続くのではないか」と話した。

「産経WEST」のランキング