産経WEST

神戸連続児童殺傷事件の加害男性の手記、図書館での貸し出し制限「やむを得ない」兵庫県知事

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


神戸連続児童殺傷事件の加害男性の手記、図書館での貸し出し制限「やむを得ない」兵庫県知事

連続児童殺傷事件の加害男性がつづった手記「絶歌」

 平成9年に神戸市で起きた連続児童殺傷事件の加害男性が出版した手記「絶歌(ぜっか)」の取り扱いをめぐり、兵庫県立図書館(同県明石市)が貸し出しの制限を決めたことについて、同県の井戸敏三知事は22日の定例会見で、「慎重を期したやむを得ない措置」と理解を示した。

 県立図書館は17日、「遺族の感情や人権に配慮する」などとして、手記の貸し出しを行わずに館内の閲覧のみに制限する方針を決めた。

 井戸知事は「被害者の遺族が抗議していることは承知している」とした上で、「行政機関が主体的にタッチする話ではなく、良識ある読者が個々に判断すべきこと」と述べた。

「産経WEST」のランキング