産経WEST

【芸能考察】国際コンクールで台頭目覚ましい「韓国勢」…日本は後塵、国策で「才能教育」を支える

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【芸能考察】
国際コンクールで台頭目覚ましい「韓国勢」…日本は後塵、国策で「才能教育」を支える

今年のエリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝した韓国のイム・ジヨンさん(同コンクール提供、(C)Bruno Vessiez)

 クラシック音楽の世界において、今年は「コンクールの当たり年」。4年おきに開かれるチャイコフスキー国際コンクール、5年おきのショパン国際ピアノコンクール、そして年ごとに部門を変えて開かれるエリザベート王妃国際音楽コンクールのバイオリン部門が開かれる。そのコンクールの世界では、近年、韓国勢の活躍がめざましい。5月のエリザベート王妃国際音楽コンクールで、優勝したのは韓国人。今月始まったチャイコフスキーでも韓国勢の活躍が目立つ。早期教育や留学に熱心に取り組む韓国の音楽教育の成果の一つとみられている。(安田奈緒美)

日本人をはるかにしのぐ

 今月10日に予選が始まった第15回チャイコフスキー国際コンクール。ピアノ、バイオリン、チェロ、声楽の4部門に、世界45カ国623人の応募があった。国別に見ると、開催国のロシアに次いで多いのが韓国。次いで中国、日本、アメリカと続いた。予選に残ったのは240人。このうち日本は12人だったのに対して韓国は35人と3倍近い。

 近年の国際コンクールでは、韓国勢の活躍が目覚ましい。今年5月のエリザベート王妃国際音楽コンクールのバイオリン部門では、決勝に進んだ12人のうち韓国がアメリカと並んで最多の3人を占めた。日本からは毛利文香さんのみ(6位に入賞)、そして優勝は韓国のイム・ジヨンさんの手に渡った。

留学受験ツアーも

 韓国勢の活躍が注目されるようになったのは十数年前から。その象徴的なできごとが2008年、パリで開かれた若手バイオリニストの登竜門、ロン=ティボー国際コンクールだった。シン・ヒョンスさんが韓国人として初めて同コンクールで優勝して話題となった。

このニュースの写真

  • 国際コンクールで台頭目覚ましい「韓国勢」…日本は後塵、国策で「才能教育」を支える

「産経WEST」のランキング