産経WEST

【衝撃事件の核心】〝百人斬り〟「イケメン」の性犯罪 「女性に受け入れられて当然」と豪語 思考のゆがみ「治療」もアピール

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
〝百人斬り〟「イケメン」の性犯罪 「女性に受け入れられて当然」と豪語 思考のゆがみ「治療」もアピール

ナンパが得意で「100人くらいの女性と関係を持った」と派手な女性遍歴を誇る〝イケメン〟。仕事で上司から叱られたストレスを解消しようと、なぜか性犯罪に走った。法廷で吐露したゆがんだ女性観とは―

 法廷でまっすぐ前を見つめる男は端正な顔立ちだった。夜道で次々に女性を襲ったとして、強制わいせつ致傷罪などに問われた男(26)の裁判員裁判が6月、大阪地裁で開かれた。恵まれた容貌ゆえか、これまで「100人くらいの女性と関係を持った」と豪語した男。異性関係に不自由していないことから、犯行の動機は性欲の解消ではないとし、「仕事のイライラを解消するためだった。女性を軽くみていた」と強調した。逮捕されて自身の思考の「ゆがみ」に気付き、保釈後は性犯罪の再犯防止治療に通っているという。一体、男を犯行に走らせ、治療が必要なほどいびつな女性観が生まれた背景には何があったのか。

女子高生に抱きつけば…

 昨年1月末、男はいらだっていた。勤めている会社で先輩の女性の指示に従い、大手企業との業務より別の業務を優先させたことで、上司にこっぴどく叱られたからだ。当の先輩は知らんぷりで、フォローしてくれなかったことにも腹が立っていた。

 「帰宅する前にこの嫌な気持ちを切り替えたい」。そう考えながらミニバイクで夜道を走っていた際、自転車に乗っていた女子高校生が目に入った。

 「抱きつけば、この気持ちが変わるんじゃないか」

 そう考え、先回りしてミニバイクを止め、手袋を外した。「これからやってはいけないことをする」と、近づいてくる女子高生を前に体が震えた。

 抱きつこうと飛び出した瞬間、ぶつかって女子高生は自転車ごと転倒した。男は構うことなく背後に回り、必死に抵抗する女子高生の胸や下半身を数十秒間触り続け、走って逃げた。

 「とんでもないことをした。捕まったらどうしようかと怖くなった」

 男は法廷での被告人質問で、犯行の経緯や心境を振り返った。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング