産経WEST

進撃の巨人サイズ!? 世界最大級3・2メートルの民族衣装を着ていたのは誰か 京都の特別展 市田ひろみさんギャラリートークが人気

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


進撃の巨人サイズ!? 世界最大級3・2メートルの民族衣装を着ていたのは誰か 京都の特別展 市田ひろみさんギャラリートークが人気

世界最大の服「カラカ」の前で解説する市田さん=龍谷大学龍谷ミュージアム

 展示品のひとつ、ハンガリーで見つけた白絹地のアコーディオンプリーツで出来た花嫁衣装は、着用した形跡がない。「第一次世界大戦で、何らかの理由で花嫁が着ることができなくなったのでは」と話していた。

 京都市伏見区の山本勝枝さん(60)は、「一つ一つの衣装を丁寧に解説してもらって、世界旅行に行った気分になった。もう一度聞きたい」と話していた。

 特別展は7月20日まで。ギャラリートークは6月27日を除く会期中の毎週土曜日に行っている。申し込み不要。問い合わせは、同ミュージアム((電)075・351・2500)。

このニュースの写真

  • 進撃の巨人サイズ!? 世界最大級3・2メートルの民族衣装を着ていたのは誰か 京都の特別展 市田ひろみさんギャラリートークが人気
  • 進撃の巨人サイズ!? 世界最大級3・2メートルの民族衣装を着ていたのは誰か 京都の特別展 市田ひろみさんギャラリートークが人気

「産経WEST」のランキング