産経WEST

弁護士、2200万円横領容疑で逮捕 松山地検、成年後見人の立場悪用

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


弁護士、2200万円横領容疑で逮捕 松山地検、成年後見人の立場悪用

 成年後見人の立場を悪用し、保険金約2200万円を着服したとして、松山地検は19日、業務上横領の疑いで愛媛弁護士会所属の弁護士、島崎聡容疑者(62)=松山市=と内縁の妻、弘瀬栄子容疑者(78)=同=を逮捕した。地検は認否を明らかにしていない。

 島崎容疑者の逮捕容疑は平成20年7月、弘瀬容疑者と共謀し、成年後見人を務めていた当時50代の男性の保険金約2200万円を着服したとしている。

 地検によると、島崎容疑者は同年6月、松山家裁から男性の成年後見人に選任されていた。

「産経WEST」のランキング