産経WEST

【向き合う力】文美月(17)「体重は?」「排便は?」 〝ワイルド〟すぎる未来の夫「李さん」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【向き合う力】
文美月(17)「体重は?」「排便は?」 〝ワイルド〟すぎる未来の夫「李さん」

ヘアアクセサリーの制作・販売を行う「リトルムーンインターナショナル」を創業した文美月さん(右)。夫の李仁さん(左)の存在はさまざまな支えとなった=平成26年10月

 釣書によると、相手の男性は身長170センチ。それより2センチ高い私は、ぺたんこの靴を履かされ、どこか着心地の悪い清楚(せいそ)な服を着ました。私の個性を全て封印されたような窮屈さを感じました。

 「どうせうまくいきっこない」と最初から思っていただけに、両親にはとても申し訳なく思いました。結局、お見合い相手と会話は盛り上がらず、「もう一度会いましょう」という声はどちらからも出ませんでした。

「李さん」と出会う

 会社を起業し経営する私の生き方は、今でこそ家族、親類みんなが応援してくれますが、正直、同胞女性の枠を大きくはみ出していると思います。小さい頃から父に「自分の人生をよく考えろ。何かあったときのために、強くなれ」と言われて育ったせいか、皮肉にも父のDNAを兄や弟より強く引き継ぎ、次第に父の想像以上に自立心の強い女性に育ったようです。

 日本での短い休みを終えて、韓国に戻ってしばらく経(た)ったある日、私は突然、将来の結婚相手である「李さん」と出会いました。ここから急に私の人生が展開していくことになるのです。

 語学堂で仲良しだった在日コリアンの友人が卒業することになり、思い出旅行で女子3人で釜山にいった日のことです。特急列車から見えるのどかな田舎の風景を楽しみながら、おしゃべりに興じていました。すると友人が「李さんも今、釜山に旅行中らしいよ。せっかくだし一緒にご飯でも」と言いました。

このニュースの写真

  • 文美月(17)「体重は?」「排便は?」 〝ワイルド〟すぎる未来の夫「李さん」
  • 文美月(17)「体重は?」「排便は?」 〝ワイルド〟すぎる未来の夫「李さん」
  • 文美月(17)「体重は?」「排便は?」 〝ワイルド〟すぎる未来の夫「李さん」

「産経WEST」のランキング