産経WEST

【ウメチカ立ち退き】「市は乱暴すぎる」「明らかに不法占拠」 緊迫 梅田地下5店VS大阪市 週明けにも強制撤去へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ウメチカ立ち退き】
「市は乱暴すぎる」「明らかに不法占拠」 緊迫 梅田地下5店VS大阪市 週明けにも強制撤去へ

 ■4店は営業続行

 週末の雑踏の中、いつもなら立ったまま串カツを食べる客がひしめいている「松葉」は、のれんを下ろしひっそりとしていた。名残を惜しみ、店前で記念撮影していく人の姿も目立つ。代理人弁護士によると14日まで休業し、15日以降の営業は未定という。

 一方、松葉の隣にあるチケット販売店や、地下道西側のぶらり横丁内にあるそば店、焼き鳥店、串カツ店はこの日も営業を続けた。

 市は横丁を囲むように工事用フェンスをすでに設置。天ぷらを揚げていたそば店の経営者、浜本敦さん(52)は「市のやり方は乱暴すぎる。営業は続ける」と徹底抗戦の構えだ。

 市は11日、行政代執行法に基づき、12日中に立ち退きを求める「戒告」を行った。5店舗はいずれも拒否しているが、13日からは執行を行う日付と店側の負担となる費用を通知すれば、市はいつでも強制撤去に踏み切れる状況になった。

 松葉とチケット販売店の運営会社は、「戒告」について大阪地裁に執行停止を申し立てている。市は地裁が停止を認めない限り手続きを進める方針だ。強制撤去については「通行人が多い時間帯は避ける」としており、週明けの深夜か未明に実施するとみられる。

このニュースの写真

  • 「市は乱暴すぎる」「明らかに不法占拠」 緊迫 梅田地下5店VS大阪市 週明けにも強制撤去へ

「産経WEST」のランキング