産経WEST

【神戸連続児童殺傷】 遺族、加害男性手記の出版社に抗議申し入れ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【神戸連続児童殺傷】
 遺族、加害男性手記の出版社に抗議申し入れ

 平成9年に神戸市須磨区で発生した連続児童殺傷事件で、加害男性(32)が手記を出版したことを受け、殺害された土師淳君=当時(11)=の父、守さん(59)と、代理人弁護士は13日、発行元の太田出版に抗議する申入書を送付した。全文は以下の通り。

 貴社は、平成9年発生の神戸連続児童殺傷事件の加害男性から手記を入手して、6月10日発売の「絶歌」という題名の書物を出版しています。

 上記の手記出版行為は、本事件の遺族に重大な2次被害を与えるものであり、私たちは、以下のとおり、強く抗議を行うとともに、速やかに同誌を回収するよう申し入れます。

 犯罪被害によって近親者を奪われた遺族の悲嘆が甚大であることは言うまでもありません。

 そして、遺族は、犯罪そのものによる直接的被害に加え、その後の周囲からの心ない対応や、過剰な報道により、その名誉や生活の平穏が害され、深い孤立感にさいなまされるなどの2次被害を被ることも少なくありません。

「産経WEST」のランキング