産経WEST

「被爆電車」走る 当時の塗装再現し広島市内で特別運行始まる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「被爆電車」走る 当時の塗装再現し広島市内で特別運行始まる

 被爆当時の塗装が再現された広島電鉄の路面電車。奥は原爆ドーム=13日、広島市

 被爆70年を前に、被爆しながら、戦後も広島市内を走り続けた広島電鉄の路面電車が当時の塗装を再現し、13日、運行を始めた。8月30日までの特別運行で、車内のモニターで被爆者の証言や広島の復興の歴史を放映する。

 車両は、爆心地から約2・7キロで被爆し大破した653号。約4カ月後に復活し、平成18年に引退した。車両の上半分が灰色、下半分が紺色という被爆当時の配色は、同社OBに確認して再現した。

 同社は、被爆3日後に電車の運行を再開。当時は、男性の多くが出征していたため、女学生が運転士を務めたという。

このニュースの写真

  • 「被爆電車」走る 当時の塗装再現し広島市内で特別運行始まる

「産経WEST」のランキング