産経WEST

【衝撃事件の核心】ソープの稼ぎも貢いだ…尼崎連続変死〝キーマン〟 「お腹痛めて産んだ子」も美代子元被告に差し出した壮絶人生

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
ソープの稼ぎも貢いだ…尼崎連続変死〝キーマン〟 「お腹痛めて産んだ子」も美代子元被告に差し出した壮絶人生

角田美代子元被告を中心とする「疑似家族」の中で起こった兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件。約40年もの間、首謀者とされる元被告を支え続けた三枝子被告は立証のカギを握るキーマンとされる

 兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件で、男女3人への殺人や詐欺などの罪に問われた角田美代子元被告=自殺、当時(64)=の義妹、角田三枝子被告(62)。一連の事件の関係者の中でも、〝ファミリー〟を率いた首謀者とされる元被告のそばに約40年間、寄り添い続けた「事件のキーマン」とも言える人物だ。風俗で稼いだ約3億円もの金を「疑似家族」の家計に回し、お腹を痛めて産んだ息子まで差し出す…。これまでの公判で明らかになったのは、ときに元被告への「殺意」を胸に秘めながらも、想像を絶する忠誠ぶりを示してきた悲惨で壮絶な人生だった。(佐藤祐介)

決定づけられた主従関係

 2人の出会いは、幼少期のころまでさかのぼる。

 昨年11月21日に開かれた元被告の次男、優太郎受刑者(28)=殺人罪などで懲役17年の判決確定=の公判に証人出廷した際の三枝子被告の証言などによると、三枝子被告の家族が、元被告の母親の家を間借りしたことが2人の特殊な関係の始まりだった。

 「物事は白か黒、好きか嫌いか、イエスかノーか」。若い頃から口癖のように話し、中途半端なことを極端に嫌ってきた元被告。三枝子被告は18歳から共同生活を始めたがなじめず、約1年後、両親のもとに戻った。

 その後、元被告から両親とともにののしられ続けた。元被告の激しい怒りをおさめるには、共同生活に戻るしかなかった。これを機に2人の主従関係が決定づけられた。

 それから人生の歯車が大きく狂い始める。

このニュースの写真

  • ソープの稼ぎも貢いだ…尼崎連続変死〝キーマン〟 「お腹痛めて産んだ子」も美代子元被告に差し出した壮絶人生

関連トピックス

「産経WEST」のランキング