産経WEST

明治古都館を休館 改修工事へ向け調査 京都国立博物館

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


明治古都館を休館 改修工事へ向け調査 京都国立博物館

休館される京都国立博物館の「明治古都館」=8日午後、京都市東山区

 京都国立博物館(京都市東山区)は8日、明治期に建設された重要文化財「明治古都館」(本館)=写真=を、改修工事に向けた埋蔵文化財の調査などを行うため、7日から休館したと発表した。

 本館は、宮内省内匠寮技師の片山東(とう)熊(くま)氏の設計で、明治28(1895)年に完成したれんが造り。昭和40年代に改修工事が行われたが、屋根などの老朽化が進んでいた。今後、活用や保存に向けた調査をし耐震性の向上などを目指す。7月から埋蔵文化財の調査を床下や周辺の一部で始める。

 大規模な改修工事になる可能性もあり、再開の時期は未定。本館で行われていた特別展覧会は今後、昨年9月に開館した平成知新館(新館)で開催する。

「産経WEST」のランキング