産経WEST

関西電力、セット割引などで首都圏での電力販売強化へ KDDIと提携交渉

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


関西電力、セット割引などで首都圏での電力販売強化へ KDDIと提携交渉

 関西電力が、首都圏の家庭向け電力販売でKDDIと提携交渉を進めていることが7日、分かった。電気と携帯電話を同時契約すると料金を割り引く「セット販売」の実施などを検討している。平成28年4月の電力小売りの完全自由化に向け、顧客を獲得する足がかりとするねらい。

 関電は、すでに自由化されている企業向け電力小売りについては子会社の関電エネルギーソリューションを通じて首都圏で事業を展開している。家庭向けでの首都圏進出にあたり、多くの顧客を抱え店舗網を持つKDDIとの提携が浮上した。

 関電首脳は「家族で数万円かかる携帯電話料金を割り引くサービスを提案できれば、契約する電力会社として選ばれる」と期待を寄せる。

 すでに、東京電力はソフトバンクと全国販売の提携に向け交渉を始めているほか、日本瓦斯(東京)とTOKAIホールディングス(静岡市)のガス事業2社、有線放送大手USENとの連携、ポイントサービスなど異業種との提携拡大を進めており、競争力強化を図っている。

 一方、関電は管内の関西圏ではKDDIに加え、NTTドコモ、ソフトバンクの3社との提携でシェアを維持していく方針で、さらに幅広い業種との提携を模索している。

「産経WEST」のランキング