産経WEST

「30時間」手術始まる 神戸・生体肝移植 神戸市は8日に立ち入り検査へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「30時間」手術始まる 神戸・生体肝移植 神戸市は8日に立ち入り検査へ

生体肝移植手術を再開した神戸国際フロンティアメディカルセンター=3日午前、神戸市中央区(頼光和弘撮影)

 生体肝移植を受けた患者4人が死亡した神戸市の民間病院「神戸国際フロンティアメディカルセンター」で3日、4月の問題発覚後、一時中止していた9例目の移植手術が始まった。患者は肝臓がんを患う兵庫県西宮市の男性(63)で、妻(64)から臓器提供を受ける。男性の代理人によると、手術は30時間程度かかると説明を受けているという。

 一方、神戸市はセンターに対する立ち入り検査を8日にも実施する方針を決めた。保健所職員や外部の専門家ら計8人で診療記録やセンタースタッフの出勤簿を調べ、安全管理体制を確認する。不備があれば増員を求めるなどの行政指導をする。

 男性は平成19年に肝臓がんと診断され、今年4月に他の医療機関からセンターに転院していた。しかし、センターでは同月、生体肝移植を行った患者8人のうち、4人が術後1カ月以内に死亡したことが判明。日本肝移植研究会が、手術の一時中止と組織の抜本的改革を提言し、同22日に予定されていた男性の手術は延期されていた。

 センターは、神戸市による検査が未実施の中での再開について「男性の体調などを総合的に判断した」と説明している。

 一方、4月8日に8例目の手術を受けた木山智さん(36)=神戸市長田区=は「手術が再開できてよかった。患者の命が助かるのであれば、いち早く手術を再開するべきだった」と話した。

「産経WEST」のランキング