産経WEST

【謎の「油」】「悪霊追い出した証」油まく?「仏教否定された気持ち」 男に逮捕状、憤る京都・奈良

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【謎の「油」】
「悪霊追い出した証」油まく?「仏教否定された気持ち」 男に逮捕状、憤る京都・奈良

世界遺産・東寺にある灌頂院東門の門扉でも油のようなものがまかれた跡が見つかっている。千葉県警が逮捕状を取った男が関与していたのか、事件の全容解明が急がれる=4月9日、京都市

 清水寺(京都市)の森孝忍法務部長(72)は「約1200年続いてきた仏教を否定されたような気持ち」と改めて怒りをあらわにする一方、「逮捕状が請求され、ひとまず安心した」と、解決への道筋が見えたことに安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 また、国宝の大仏殿や金剛力士像が被害にあった東大寺(奈良市)の橋村公英庶務執事(58)も「ひとまずは安心」とし、「犯人にも大切にしているものがあるはず。多くの人々が大切に守り伝えようとしてきた気持ちにも心を及ぼしてほしい」。

 20年に一度の式年造替(しきねんぞうたい)を迎えている春日大社(奈良市)の更谷豪一管理部長(63)は「宗教関係者がこんなことをするとはもってのほか」と憤り、「けがれをはらい、お清めのために体に水を浴びたり、建物を水拭きしたりするのは分かるが、油をまくなどありえない。祖先から受け継がれてきたものを汚され、遺憾だ」と話した。

逮捕状の男、宗教的儀式の一部として油まいたか

 千葉県警が逮捕状を取った男は、キリスト教系団体を平成25年に設立。関東や関西の各都市で講演するなどして信者を増やしているという。フィリピンのマニラなど国外でも布教活動を行っている。捜査当局は、寺社の油まきは宗教的儀式の一部として行われていたほか、男の指示で別の信者が油まきをしていた可能性もあるとみて調べている。

「産経WEST」のランキング