産経WEST

「ウイルスに感染」と日本語音声で警告…実はウソ、高齢者狙う新手のサイバー攻撃、国内で7千人以上アクセス

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「ウイルスに感染」と日本語音声で警告…実はウソ、高齢者狙う新手のサイバー攻撃、国内で7千人以上アクセス

 パソコンやスマートフォンの利用者に「ウイルスに感染した」という嘘の警告を日本語音声で流すサイトが複数見つかったことが31日、分かった。偽のウイルス対策ソフトを購入させる詐欺は従来もあったが、親切なサポートを装い、インターネットに不慣れな高齢者らをだます悪質な新手のサイバー攻撃とみられる。具体的被害はまだ確認されてないが、すでに国内で7千人以上がサイトにアクセスする事態となっている。

 ソフト会社のトレンドマイクロ(東京)が5月27日に発見した。これまでも、嘘の感染警告を文書で表示し偽の対策ソフトを購入させる犯罪はあったが、日本語の音声を使って誘導する攻撃は初めてとみられる。

 特殊なウイルスが仕掛けられたホームページが複数あり、閲覧するだけで偽サイトが自動的に表示される仕組み。サイトのURLを記したメールが送りつけられるケースもある。偽サイトにアクセスすると、「ウイルスが見つかりました」という文書などとともに女性らしき日本語の音声が自動的に流れる。クレジットカード情報などが危険にさらされていると警告した上で、ある番号に電話して対策を聞くよう促される。

 パソコンソフトを開発する米メーカーの専門家を名乗る男の写真が掲載されたサイトもあり、閲覧者を信用させる手口のようだ。

「産経WEST」のランキング