産経WEST

【プロフェッショナル~専門学校から】中学2年でピアノ曲に出会い…「2年後には5グループの全楽曲を」 音楽プロデューサー・平地さん(下)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロフェッショナル~専門学校から】
中学2年でピアノ曲に出会い…「2年後には5グループの全楽曲を」 音楽プロデューサー・平地さん(下)

試行錯誤の中で、音楽に情熱を燃やす平地孝次さん=大阪市西区

 大阪発の4人による女性アイドルグループ「PassCode(パスコード)」の楽曲をプロデュースしている音楽プロデューサー、平地孝次さん(23)。

 高校3年生のときに「AKB48」に“ハマ”り、アイドルグループの多様な曲のありように驚き、そのすばらしさを知った。ほかにも「乃木坂46」など、いろんなグループが好きになり、曲を楽しんだ。

 音楽と出会ったのは中学2年生の夏休み。

 深夜のテレビで放映された映画に流れていた静かなピアノ曲が琴線に触れた。「なんか自分で弾けそうだった。ピアノができるんじゃないかと思った」。当時をそう振り返る。

 それから、家でほこりをかぶっていた祖母のピアノにさわり始めた。朝から深夜まで猛特訓。鍵盤に右手の人さし指を置くと、音が出た。次いで、左手の人さし指。両手の指を使い弾いてみた。さすがに記憶だけでは足りず、曲のCDを買ったが、猛練習の結果、なんと夏休みの間だけで、この曲を弾けるようになった。

 堺市の高校に入学すると、軽音楽部に入部。複数のバンドに入り、ギター、ドラム、ボーカルも経験した。初めてのピアノと同様に、耳で聞いた曲をコピーして演奏していた。

 だが、いずれも自己流。譜面は読めなかった。それまで理論的な音楽の勉強をしたことはなく、「きちんと体系的に学びたい」と思うようになった。平成22年に大阪スクールオブミュージック専門学校(OSM、大阪市西区)のカレッジ音楽科作曲コースに入学。3年間学び卒業した。

「産経WEST」のランキング