産経WEST

【隣人殺害】近所の民家に向けられた防犯カメラ、音やゴミに激高…容疑者、以前の住居で近隣トラブル

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【隣人殺害】
近所の民家に向けられた防犯カメラ、音やゴミに激高…容疑者、以前の住居で近隣トラブル

 「6階の住人が『グル』になり、自分を監視していた」。大阪府豊中市のマンションで住人の滝畠裕美(ひろみ)さん(33)が殺害された事件は、同じ階に住む上原亮宏(あきひろ)容疑者(53)が被害者意識や不満を募らせ、一方的に被害者に恨みや怒りを抱いた可能性が浮上している。上原容疑者が以前暮らしていた兵庫県伊丹市でも、近隣住民とトラブルを繰り返していたことが判明。取材を進めると、物音やゴミの出し方に神経をとがらせ、異常なまでの警戒心をみせる上原容疑者の性格が浮かび上がった。

 「とにかく不気味だった」。伊丹市の閑静な住宅街。住民の女性は上原容疑者の逮捕を報じるテレビニュースを見て、かつて住んでいた“隣人”だとすぐに分かった。

 2階建ての一軒家。現在は取り壊されているが、近隣住民によると、上原容疑者が以前暮らしていたその住宅は、一見して異様だったという。2階の外壁には2台の防犯カメラ。通常は家の前の道路を見下ろすように設置されるが、水平に据え付けられていたからだ。あたかも、近所の家を監視しているかのような方向だった。

「産経WEST」のランキング