産経WEST

【日本人の座標軸(46)】今の青少年は「携帯を持ったサル」…スマホにない真の心の交流とは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【日本人の座標軸(46)】
今の青少年は「携帯を持ったサル」…スマホにない真の心の交流とは

人通りが多い横断歩道でも「歩きスマホ」をする人が多く見られる=大阪・梅田

 山上憶良が万葉集でこんな歌を詠んでいる。

 白銀(しろがね)も黄金(ごがね)も玉もなにせむに優れる宝子にしかめやも

 解説はいるまい。子供に勝る宝はないと歌っている。今から約1300年前、当時の子供の数は現在よりはるかに少なかったようだが、人間関係はむしろしっかりしていたようだ。

 今では連日のように子供が親に殺害されたり、虐待されたりする事件が起きている。近所同士が殺し合う事件も珍しくない。この歌が詠まれた頃は、電気も水道もない。今思えば想像を超えた貧しい時代であったが、家族の絆ははるかに強かったのではなかろうか。

 過日、テレビを見ていると、女子高校生の4割が1日に6時間以上スマートフォンや携帯に時間をさいていると報道していた。多くの高校生や中学生が、平均数時間ネットを使っているという。コミュニケーションは十分とれているように見えるが、それは仮想空間の世界で、現実は顔と顔が向き合った真の心の交流はないようだ。

 『ケータイを持ったサル「人間らしさ」の崩壊』(中公新書)を読んでいただきたい。今の青少年は携帯を持ったサルになっているのではなかろうか。

 大人も同じだ。東京に行ったおり、地下鉄に乗ると全員と言ってもよいほど、皆がケータイかスマホか知らないが、一心不乱になって親指を動かしておられた。本を読んでいる人や会話をしている人はなく、「へー、何とまあ…」と思わず独り言を言ったことがあった。そうした体験をした数日後、偶然CS放送で映画「緑の小筺(こばこ)」を見た。概要は次の通りである。

このニュースの写真

  • 今の青少年は「携帯を持ったサル」…スマホにない真の心の交流とは
  • 今の青少年は「携帯を持ったサル」…スマホにない真の心の交流とは

「産経WEST」のランキング