産経WEST

【関西の議論】赤ちゃんと来店OKのフレンチ…託児サービスで安心、ママ友作りに一役

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
赤ちゃんと来店OKのフレンチ…託児サービスで安心、ママ友作りに一役

母親が手芸を楽しむ間、子供たちは保育士らと過ごす。ここるくでは、子供2.5人に保育者1人をつけている=大阪市中央区のインテリアセレクトショップ

 子連れでは入りにくかった人気のレストランやサロンなどで、イベント的に託児を実施するサービスが今夏、大阪で本格的に始まる。東京では平成25年にスタートし、今ではミシュランガイドに掲載される有名店からも支持されるなど拡大しつつある。「ママ友」作りにも一役買っているサービスだが、大阪でも根付くのだろうか。(加納裕子)

2~3時間、子供を預けてリフレッシュ

 「子供に泣かれるとストレスになって…」「実は人に預けるの、初めてなんです」

 4月下旬、大阪市中央区のビル1階にあるインテリアセレクトショップのサロンで、子育て中の女性5人が机を囲んでいた。桐箱に布を貼り付けて華やかに飾る「桐箱デコレーション」の教室で、悪戦苦闘しながらも少しずつ形ができあがっていく。

 らせん階段を降りると広々とした部屋があり、保育士に抱かれた赤ちゃんがうとうと。生後11カ月の長女が気になって部屋をのぞき込んだ大阪府高槻市の大槻優理子さん(32)は「これまで誰にも預けたことがなかったけれど、もうすぐ1歳なので少しずつお友達とも遊べるようになっていってくれたら」とほほえんだ。

 サービスを提供しているのは「ここるく」(東京都目黒区)。子供を預ける親類や友人が少ない都市部の核家族をターゲットに、人気のレストランやサロンなどで託児を行うサービスを展開している。託児施設を探して預ける手間が省け、子供との距離が近いため、泣けば授乳したり様子を見に行ったりできる安心感などから新しい形の子育て支援として注目されている。

このニュースの写真

  • 赤ちゃんと来店OKのフレンチ…託児サービスで安心、ママ友作りに一役
  • 赤ちゃんと来店OKのフレンチ…託児サービスで安心、ママ友作りに一役

「産経WEST」のランキング