産経WEST

【世界ミニナビ】「社会寄生虫駆除法」成立 働かない者は罰金、拘束も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界ミニナビ】
「社会寄生虫駆除法」成立 働かない者は罰金、拘束も

ミンスク近郊にある兵器のテーマパーク。スターリン路線記念公園と名付けられているそうだ(ロイター)

 「プー太郎からは金を絞り上げろ」とばかり、半年以上、働いていない者に罰金を課すトンデモナな法律が旧ソ連のベラルーシで成立し、物議を醸している。「社会寄生虫駆除法」「ニート罰金法」などの悪名も賜るほどで、最悪の場合、当局に拘束されてしまうという。

欧州最後の独裁者による新法

 隣国ロシアの英字紙モスクワタイムスによると、同法は「市民の就労を促すとともに、憲法上の義務である国家財政に寄与してもらう」のが目的。無職で税金を払わずにいる者は社会に甘えており、「けしからん」というわけだ。

 ベラルーシは、スターリンばりの旧ソ連的強権支配が生き残る国。ルカシェンコ大統領は1994年の就任以来、同職にあり、欧米諸国からは「欧州最後の独裁者」と言われ、ヒトラーの信奉者ともされる。

 新法は183日以上、仕事をしなかった者に約3万円の罰金を課す。同国ではほぼ平均月収にあたる金額だというから重い。支払えなければ拘束された上、無理矢理、“奉仕活動”に従事させられるそうだ。

労働人口の4分の1が「闇の商売」「脱税」

 AP通信は、同国では労働人口の4分の1が正規の就業登録をせず、闇の商売で稼ぎ、脱税していると報じており、これを取り締まる狙いもあるという。

このニュースの写真

  • 「社会寄生虫駆除法」成立 働かない者は罰金、拘束も
  • 「社会寄生虫駆除法」成立 働かない者は罰金、拘束も

「産経WEST」のランキング