産経WEST

中国人ネット不正送金 1億4900万円裏付け捜査終結 大阪府警 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


中国人ネット不正送金 1億4900万円裏付け捜査終結 大阪府警 

 中国人らによるインターネットバンキングの不正送金事件で、大阪府警サイバー犯罪対策課は20日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)容疑で、中国籍でマッサージ店経営の女(28)=大阪市浪速区日本橋=を書類送検した。容疑を認めているという。

 府警は同日までに女を含め計16人を逮捕、書類送検し、計約1億4900万円の不正送金を裏付け、一連の捜査を終えた。

 府警によると、中国人らはインターネットバンキング上で他人名義の口座から勝手に現金を送金し、別の他人名義の口座から引き出していた。現金は最終的に中国に送金されていたとみられる。

 女の書類送検容疑は昨年10月、自分の店で、不正送金された現金と知りながら約46万2千円を受け取ったとしている。

「産経WEST」のランキング