産経WEST

【関西の議論】「いくつになっても憧れの女性」異色写真集5万5000部…「勇気もらった」圧倒的支持

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「いくつになっても憧れの女性」異色写真集5万5000部…「勇気もらった」圧倒的支持

婦の友社から出版された「OVER60 Street Snap」

 おしゃれな「60歳以上」のファッションを特集した日米の写真集が、異例の売れ行きを見せている。スタイル抜群の若いモデルではなく、年齢を重ねた女性たちが、流行を追わず、若作りせず、自信を持っておしゃれを披露。その姿に、同年代はもとより、20代、30代の若い世代からも「元気をもらえる」「チャーミング」と共感が広がっている。(木村郁子)

76歳、黄色のワンピ

 ページを開くと、明るい黄色のワンピース姿の川崎淳与さんがほほ笑んでいる。撮影時、76歳。東京・表参道の街中でもひときわ目立つ。足元はあるきやすそうな黒の靴に、個性的な水玉のタイツ。写真の下には「『若きは美し、老いたるはなお美し』という言葉が好きです」との本人のコメントがつづられている。

 60歳以上の女性32人の着こなしを紹介した写真集「OVER60 Street Snap -いくつになっても憧れの女性」(主婦の友社)。著者は、東京在住の28歳のコンビ、MASA&MARIさん。福祉関係の仕事をしているMASAさんが、お年寄りと若者をつなげるようなことはできないか、と模索した結果、ファッションに注目。銀座や表参道で見かけた、60歳以上のおしゃれな女性を取り上げるブログ「リデアル」を始めたところ、評判を呼び、昨年10月に写真集を出版することになった。

このニュースの写真

  • 「いくつになっても憧れの女性」異色写真集5万5000部…「勇気もらった」圧倒的支持
  • 「いくつになっても憧れの女性」異色写真集5万5000部…「勇気もらった」圧倒的支持

「産経WEST」のランキング