産経WEST

【関西の議論】「♪ぽっぽっぽ 鳩ぽっぽ」に原曲があった? “本家本元”の曲をミュージックチャイムに

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「♪ぽっぽっぽ 鳩ぽっぽ」に原曲があった? “本家本元”の曲をミュージックチャイムに

JR新宮駅前に設置されてる「鳩ぽっぽ」の歌碑。時折、歌碑にハトがとまり羽を休める様子もみられた=和歌山県新宮市

 ♪ぽっぽっぽ 鳩ぽっぽ 豆がほしいか そらやるぞ~。子供のころに誰もが一度は聞いたり歌ったりしたことがある文部省唱歌「鳩」。実は、原曲とされる歌があったことはご存じだろうか? 和歌山県新宮市出身の東くめ(明治10(1877)~昭和44(1969)年)が作詞した童謡「鳩ぽっぽ」。同市では4月から正午を知らせるミュージックチャイムとして採用し、JR新宮駅前には歌碑も建てられている。歌い出しやメロディーも異なる“本家本元”の原曲が、どういった経緯でなじみ深い唱歌になったかは不明だ。(小泉一敏)

地元出身者が作った曲を後世に

 ♪鳩ぽっぽ 鳩ぽっぽ~

 新宮市立丹鶴幼稚園では、「鳩ぽっぽ」を後世に伝えていこうと約20年前から園児たちが歌い続けている。「地元出身で多くの童謡を作詞したくめさんのことを子供たちに教えたくて、この曲を歌うようになりました」と元園長の清水とし子さん(62)は説明する。

 清水さんは、過去にくめの姿を見たことがある。

 昭和37年、JR新宮駅前で「鳩ぽっぽ」の歌碑が建立され、除幕式が行われた。このとき、くめは地元の小学校を訪問し、児童らが歌う「鳩ぽっぽ」に目を細めた。その児童の中に清水さんがいたという。

 「とても小柄でかわいらしいおばあさんでした。にこにこと私たちの歌を聴いていました」と当時80代半ばのくめの印象を話す。

滝廉太郎とのコンビで童謡を作詞

 くめは、紀伊新宮藩の水野家家老、由比甚五郎の長女として生まれた。東京音楽学校(現・東京芸術大音楽部)へ進学し、その後は東京の高等女学校で音楽教諭をしていた。

文部省がパクり隠蔽!? なぜか「作詞、作曲者不詳」に…証拠は「鳴き声」

このニュースの写真

  • 「♪ぽっぽっぽ 鳩ぽっぽ」に原曲があった? “本家本元”の曲をミュージックチャイムに
  • 「♪ぽっぽっぽ 鳩ぽっぽ」に原曲があった? “本家本元”の曲をミュージックチャイムに
  • 「♪ぽっぽっぽ 鳩ぽっぽ」に原曲があった? “本家本元”の曲をミュージックチャイムに

「産経WEST」のランキング