産経WEST

堤防に謎の亀裂が50m…担当者も「???」  奈良・曽我川

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


堤防に謎の亀裂が50m…担当者も「???」  奈良・曽我川

曽我川の堤防で見つかった亀裂=奈良県河合町(近畿地方整備局大和川河川事務所提供)

 近畿地方整備局大和川河川事務所は13日、奈良県河合町の曽我川左岸の堤防に、長さ約50メートルにわたって亀裂があるのを確認したと発表した。けが人や家屋への被害はなかった。現在は雨水が入らないようブルーシートで保護しており、今後、現地調査を行って原因を分析する。

 同事務所によると亀裂は12日午後4時ごろ、台風警戒のため点検をしていた職員が発見。崩れ落ちる可能性はないとしている。同事務所の職員は、「地震などで亀裂が起こるのはよくあることだが、今回なぜこうした亀裂ができたのかは分からない」と話している。

このニュースの写真

  • 堤防に謎の亀裂が50m…担当者も「???」  奈良・曽我川

「産経WEST」のランキング