産経WEST

訪日外国人激増「爆買い」ラッシュの関空 保安検査場を拡充し、仮眠所も整備 リムジンバスは終夜運行へ 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


訪日外国人激増「爆買い」ラッシュの関空 保安検査場を拡充し、仮眠所も整備 リムジンバスは終夜運行へ 

訪日外国人客で混雑する関西国際空港=12日午後、関空第1ターミナルビル入国審査場北

 新関西国際空港会社は12日、関西国際空港の今夏の繁忙期に向け、国際線の保安検査場拡充や、仮眠・休憩スペースの整備などに乗り出すと発表した。7月をめどに完成させる予定。また、平成6年の開港以来初めてとなるリムジンバスの24時間運行にも、学校の夏休み時期の実施を目指して取り組む。“爆買い”に象徴される訪日外国人客の急増が背景にある。

 同社によると、出国時の混雑が目立つ国際線保安検査場では、現在第1ターミナルビルの南北各7カ所あるブースを各1カ所増設。さらにファースト、ビジネスクラス旅客や身障者など優先搭乗客のためのファーストレーンも各1カ所、開港以来初めて設置する。

 増加傾向の深夜早朝便対応では、ホテルなどの複合施設・エアロプラザの空きスペース約550平方メートルを仮設の仮眠・休憩スペースとして整備。椅子200席、コインシャワー5台を置く。

 ほかにも第1ターミナルビルの国際線出発ロビーに、混雑対応の専門職員「エリアマネージャー」を配置し、到着ロビーの案内カウンターを24時間有人化。入国審査場のファーストレーン設置や警備、清掃の強化なども打ち出した。いずれも今年7月を目指して整備する。

 さらに、これまで午前1時45分の最終便後、午前5時の始発まで便がなかった大阪・梅田行きのリムジンバスも、夏休み時期をめどに午前1時以降、毎時0分発にダイヤ変更するよう運営会社に要請。開港から20年を経て本格的な24時間空港への一歩を踏み出す。

「産経WEST」のランキング