産経WEST

人の多能性幹細胞に新能力 マウス受精卵と混じり変化 近畿大講師ら

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


人の多能性幹細胞に新能力 マウス受精卵と混じり変化 近畿大講師ら

 さまざまな細胞や組織に変化する能力を持つ人の胚性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)に、マウスの受精卵と混じり合って変化、増殖する能力を持たせることに成功したと近畿大農学部の岡村大治講師(発生生物学)らが6日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 傷ついた体の組織を人の多能性幹細胞で修復する治療法の研究が進む一方、臓器を人の体外で作るのは難しいとされる。新しい能力を持たせたことで、将来、ブタなどの動物の体内で人間の臓器を作り、臓器移植に使う研究に応用できる可能性があるという。

 岡村講師らによると、「Wnt抑制剤」という化合物を加えるなどの新たな方法で人のES細胞を培養。着床後のマウスの受精卵に注入すると、下半身に成長する部位に定着し、神経や筋肉などの元となる細胞に分化した。iPS細胞も同様に増殖がみられた。これまで人のES細胞やiPS細胞は、マウスの受精卵に移植しても増殖や分化はしないとされていた。

 国内では現在、倫理上の問題から、人の細胞を導入して動物の子を作ることは禁じられている。岡村講師は米ソーク研究所に在籍中に成果としてまとめており、「すぐに実用化に結びつくものではないが、人の発生の仕組み解明にも期待できる」と話している。

このニュースの写真

  • 人の多能性幹細胞に新能力 マウス受精卵と混じり変化 近畿大講師ら

「産経WEST」のランキング