産経WEST

【変わる西成あいりん(3)】「西成発」無料バスはどこへ…外国人宿泊客、奈良市の「2倍」の現実

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【変わる西成あいりん(3)】
「西成発」無料バスはどこへ…外国人宿泊客、奈良市の「2倍」の現実

安くて便利というゲストハウスでは外国人旅行客が多く集まり、交流を深めていた=大阪市西成区太子

 奈良市の2倍の外国人が大阪市西成区の「あいりん地区」に宿泊しているという。

 外国人を対象とした区内の宿泊施設経営者らでつくる「大阪国際ゲストハウス地域創出委員会」(OIG)によると、外国人を主な顧客とする9施設に平成26年の1年間に宿泊した外国人は、14万9千人。奈良市全域に宿泊した外国人の数は、平成25年1年間で7万5千人だった。

「バックパッカーの聖地」

 あいりんはJR新今宮駅のすぐ南側にあり、「駅近」。一方、日雇い労働者が暮らしていた簡易宿泊所をリノベーションした宿泊施設も多く、「安い」。

 外国人バックパッカーの受けも良く、あいりんを拠点に各地を旅行しているデンマーク人のヨナス・ソマ・ネルソンさん(36)は「あいりんに1カ月以上泊まっている。安く、駅や繁華街も近くて便利。危ないと聞くけど、まったくそんなことはない」という。

 OIGが結成されて今年でちょうど10年。あいりんは「日本のバックパッカーの聖地」として定着しつつあり、周辺自治体も無視できない存在となった。

西成に注ぐ“熱視線”

 奈良県橿原市は昨年9月~今年2月の9回、西成のホテルからの無料直行バスを運行した。市観光政策課は「バックパッカーはブログやフェイスブックを頻繁に更新する。西成はわれわれの知名度を高める重要な拠点」と、その狙いを明かす。同市は今年度も無料バスの運行を決めた。

「産経WEST」のランキング