産経WEST

【戦後70年】「神龍」と「回天」 旧日本海軍の“幻の特攻グライダー” レプリカで戦争の悲惨さ伝える

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【戦後70年】
「神龍」と「回天」 旧日本海軍の“幻の特攻グライダー” レプリカで戦争の悲惨さ伝える

本物そっくりに再現された特攻グライダー「神龍」のレプリカと三好昌廣さん =香川県さぬき市の羽立峠

 太平洋戦争末期、戦局の悪化に伴い旧日本海軍が極秘裏に開発・製造した特攻兵器「神龍(じんりゅう)」と「回天」。その実物大レプリカを製作し、戦争の悲惨さなどを伝え続けている人がいる。旧日本海軍兵の三好昌廣さん(90)=香川県東かがわ市=だ。香川師範学校在学中の昭和20年5月に学徒出陣で神奈川県横須賀市の海軍施設に配属され、兵器製造などに携わった。戦闘の経験はなかったが、先輩の予備学生らは出撃などで若い命を散らした。戦後70年を迎え、「常軌を逸した兵器」の存在を通して戦争のむなしさを後世に語り継ぐ三好さんに、乏しい作戦の上で開発された特攻兵器の“真の姿”を聞いた。 (秋山由美子)

 洞穴などから発進し、上陸してくる米軍の戦車や揚陸艇に体当たり攻撃で爆砕する-。終戦間際、本土決戦に備えて製造された特攻グライダー「神龍」。実戦投入はなかったが、昭和20年5月の試作機完成後、攻撃に備えた飛行訓練などが行われた。

 「神龍」は神風特別攻撃隊や人間魚雷「回天」、滑空特攻機「桜花」ほど知られていない。「わしは特攻グライダーで出撃する予定だった」。三好さんが幻の特攻機の存在を知ったのは、そんな同窓生(元飛行兵)の言葉からだった。

 「考えただけでも息が詰まり、身の毛がよだつ特攻兵器。戦争の悲惨さを取り上げるなら、これ(神龍のレプリカ)をつくるしかない」と思い立ち、一般のグライダーで訓練を受けたという同窓生からの情報をもとに、設計図などの資料収集に奔走した。

このニュースの写真

  • 「神龍」と「回天」 旧日本海軍の“幻の特攻グライダー” レプリカで戦争の悲惨さ伝える

「産経WEST」のランキング