産経WEST

「献体」希望が高齢化で増加…「火葬費を負担してくれる」の声、終活ブームも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「献体」希望が高齢化で増加…「火葬費を負担してくれる」の声、終活ブームも

 死後に自らの体を大学の医・歯学部に提供する「献体」を希望する高齢者が増えている。専門団体によると、献体希望者の全国累計は10年前から6万人以上増えた約26万人(昨年3月時点)で、高齢者の増加が数を押し上げたとみられている。解剖に対する抵抗感の薄れや死生観の変化、終活ブームといった時代の流れが要因とされるが、「火葬費用などを大学が負担してくれる」とする希望者も目立つといい、経済的に厳しい状況にある高齢者の現実も浮かび上がる。

 「家族に迷惑を掛けたくない」

 近畿大医学部(大阪府大阪狭山市)の献体受け付け窓口には数年前からこんな申し出が増えたという。毎年百人程度が新規登録し、登録者は今年4月時点で累計約2200人に上る。

 献体運動を推進する公益財団法人「日本篤志献体協会」(東京)によると、統計を取り始めた昭和45年度の登録者は約1万人。当時は全国の医・歯学部の解剖で必要な数を満たすことはできず、引き取り手のない身元不明者の遺体を活用するなどしていたという。

「産経WEST」のランキング