産経WEST

ネット騒然!?「平成松江怪談」体験談もとにアニメ制作

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ネット騒然!?「平成松江怪談」体験談もとにアニメ制作

「平成松江怪談」の第1弾「イケコ」の一場面(DLE)

 松江市は、市民の怖い体験談をもとにしたアニメ「平成松江怪談」を制作し、インターネットで公開を始めた。アニメ「秘密結社 鷹の爪」の作者でCGクリエイター、FROGMANさんと怪談作家、木原浩勝さんが手掛けた短編4作品で、「怪談」ゆかりの地をPRしている。

 松江市は明治時代の文豪、小泉八雲にちなみ、「怪談のふるさと松江」を宣言。アニメ制作は首都圏で展開する観光プロモーションの一環で、木原さんが市民から取材して書いた原作を、FROGMANさんがアニメ化した。

 市によると、アニメ4作品は各5分ほど。昨年11月に東京都で開かれた「怪談のふるさと松江」1周年記念イベントで限定公開したところ、反響が大きかった。

 動画サイト「ユーチューブ」や「怪談のふるさと松江」特設サイトで公開。第1話の「イケコ」は、無人の女子トイレで女子生徒が友人の愛称の「イケコ」と呼ぶ声を聞く体験がもとになったという。2~4話も6月にかけて順次公開を予定している。

このニュースの写真

  • ネット騒然!?「平成松江怪談」体験談もとにアニメ制作

「産経WEST」のランキング