産経WEST

京都水族館のハリセンボン いつも「にっこり」人気もの

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京都水族館のハリセンボン いつも「にっこり」人気もの

いつもにっこりのハリセンボン=京都水族館提供

 京都水族館(京都市下京区)の「海洋ゾーン 京の海」で人気者のハリセンボン。驚いたり敵を威嚇するときなどに体の中に海水を含んで膨らみ、たくさんの針をたてることで有名な魚です。

 このハリセンボン、実は良く見ると微笑んでいるように見えます。口の両端がやや上がって見えるからか、いつ見ても「にっこり」しているんです。

 飼育スタッフが疲れているときも落ち込んでいるときも、彼らはやさしく微笑みかけてくれます。そのにっこりと笑顔の表情を見ていると、「よし、がんばろう」と元気がわいてくる気持ちになるんです。

 問い合わせは、京都水族館((電)075・354・3130)。

「産経WEST」のランキング