産経WEST

絶滅危惧種「ウシモツゴ」、新種と確認 学名は「けんかっぱやい」!?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


絶滅危惧種「ウシモツゴ」、新種と確認 学名は「けんかっぱやい」!?

発見から52年ぶりに新種と確認された「ウシモツゴ」(近畿大提供)

 発見から半世紀以上、ほかの魚の亜種と考えられてきたコイ科の淡水魚「ウシモツゴ」について、滋賀県立琵琶湖博物館や近畿大の研究チームが新種だと突き止め、ドイツの学会誌に論文を発表、掲載された。「攻撃的で気が荒い」という意味の学名「シュードラスボラ・プグナックス」も登録され、同館は「新種と明確になったことで、絶滅危惧種であるウシモツゴの保全の動きにもプラスになる」と期待する。

 同館などによると、ウシモツゴは昭和38年に東海地方でみつかった。しかし発見以降、同じコイ科のモツゴで、形がよく似ている「シナイモツゴ」の亜種とされてきた。

 ところが、同館の川瀬成吾特別研究員と近畿大農学部の細谷和海教授(系統分類学)が、平成20年からウシモツゴとシナイモツゴの違いを研究した結果、ウロコの数や生息域などに明確な違いがあることが分かり、新種だと分かった。

 登録された学名の「プグナックス」は、「攻撃的で気性が荒い」などの意味。生息地では「ケンカモロコ」という異称があるほどけんかっ早いウシモツゴの生態的特徴を表している。

 水田やため池、水路などにすむウシモツゴは開発などで生息地が減り、外来魚の増加などもあって、減少傾向。環境省のレッドリストには絶滅危惧IA類として掲載されている。

 新種として認識されることで行政も保全に関わりやすくなるといい、川瀬研究員は「学名登録の意義は大きい」と話している。

「産経WEST」のランキング