産経WEST

3メートル超のダイオウイカ 標本作業が始まる 鳥取

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


3メートル超のダイオウイカ 標本作業が始まる 鳥取

標本にする作業が行われたダイオウイカ=鳥取県岩美町の山陰海岸学習館

 昨年1月、鳥取市沖の日本海で捕獲されたダイオウイカを標本にする作業が、山陰海岸学習館(鳥取県岩美町)で行われた。

 ダイオウイカは底引き網漁船が捕獲。県立博物館に寄贈され、鳥取市内で冷凍保管していた。解凍後の調査では、全長3メートル18センチで、メスと確認された。

 作業では、卵が外に出てくる状態だった卵巣を取り出すなど修復。その後、長さ4メートルの水槽に入れ、海水で薄めたホルマリンに漬けて防腐処理を始めた。

 鳥取県でダイオウイカの標本は、昭和63年に同町の海岸に漂着した個体が同博物館で保管されており、今回が2件目となる。防腐処理が終わった後、27年度中の冬から、同学習館で常設展示する予定だ。

「産経WEST」のランキング