産経WEST

【経済裏読み】スマホから消えた「サムスン」の文字…“嫌韓”の日本限定「ステルス作戦」か、付属品からもロゴ削る徹底ぶり

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
スマホから消えた「サムスン」の文字…“嫌韓”の日本限定「ステルス作戦」か、付属品からもロゴ削る徹底ぶり

 日本で発売された韓国サムスン電子の新型スマートフォンで「サムスン(SAMSUNG)」のロゴの文字が消えた。社名はブランド力を誇示できる刻印に等しいだけに、そのメリットを捨て、あえてサムスンの名をふせる狙いは何か。米アップルと中国新興メーカーとの狭間で熾烈なスマホ販売競争が繰り広げる中、まるで「名を捨て実をとる」ような大胆な奇策が関心を集めている。

サムスンの“アップルハンター”「S6エッジ」登場

 フランス通信(AFP)や韓国メディアなどによると、サムスンのロゴをなくすのは日本市場に限っての対応だ。4月23日に日本で通信会社を通じて発売された最新型「ギャラクシー(Galaxy)S6エッジ」「S6」には社名が入っていない。スマホブランドの「Galaxy」のロゴが前面に打ち出されている。

 S6は、高級感のあるデザインが人気の米アップルの「iPhone(アイフォーン)6」の対抗機種にほかならない。

 本体の素材から見直して、従来のプラスチックから、強化ガラスやアルミニウムなどに変えたことで質感はぐっと高まった。S6エッジは両端を湾曲させた有機ELディスプレーを採用。画面の縁が薄く、映像が浮き出るように鮮やかに見えるのも特徴だ。

 家電メーカーらしく、カメラにこだわり、高性能レンズを搭載。薄暗い室内でも鮮明に撮影でき、手ぶれを防止する機能を充実させた。

 共同通信によると、東京都内で4月8日に行われた発表会では、アイフォーン6で撮った写真との仕上がりを比較して優位性をPR。日本担当の幹部は「製品展示や販売員の説明でアップルに見劣りしないよう全力を挙げる」と述べたという。

前門のアップル、後門の中国…板挟み

 サムスンの足元での最大の課題は、スマホ市場での世界首位の座のアップルからの奪還にある。

「産経WEST」のランキング