産経WEST

【統一地方選】「投票に行こう」若者たちがフラッシュモブで啓発

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【統一地方選】
「投票に行こう」若者たちがフラッシュモブで啓発

天理駅前広場で「フラッシュモブ」が行われ、投票が呼びかけられた=奈良県天理市

 統一地方選後半戦の投開票を26日に控え、低調な若者の投票率アップにつなげようと、奈良県天理市の大学生らが駅前で予告なしのパフォーマンス「フラッシュモブ」で投票を呼びかけた。インターネットでも動画を配信、政治参加を訴える。

 22日夕。通勤客や学生らが行き交う天理駅前広場で軽快な音楽が流れると、突然25人の若者が踊り出した。「投票権」と書かれた画用紙を「投票箱」に入れるパフォーマンスなどを約4分間披露、「選挙へ行こう!」と声をそろえた。

 企画したのは、大阪教育大3回生の武村佳奈さん(20)が代表を務める学生団体「For Our Tenri」。今年初めて選挙権を得た武村さんが「若者の投票率が上がらなければ、議員からも歩み寄ってもらえないのでは」と、「投票率アップ作戦」として、フラッシュモブの実施を考えた。

 市選管も「若者が活動することで同世代が投票に行くきっかけになる」と全面的に協力、啓発グッズや横断幕などを提供した。

 今後、団体としてネットを通じて市会議員の活動内容や政策を発信することも計画。若年層の関心の向上を目指すという。

「産経WEST」のランキング