産経WEST

ギャル曽根も真っ青!?出石そば10分で90皿 26歳女性、大会女子の部でV

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ギャル曽根も真っ青!?出石そば10分で90皿 26歳女性、大会女子の部でV

勢いよく皿そばを食べる出場者=19日、兵庫県豊岡市出石町

 出石(いずし)名物の皿そばを制限時間内に食べた枚数で競う「第44回出石そば喰い大会」が19日、兵庫県豊岡市出石町の市出石総合支所前広場で開かれた。個人、団体、家庭円満の3種目に各地から277人が出場。「かむな、休むな、味わうな」の掛け声を受け、“大食いチャンピオン”を目指して皿を重ね上げた。

 「但馬國出石観光協会」が主催。個人戦の持ち時間は10分、団体、家庭円満戦は3人1組で、持ち時間は1人5分3人リレー方式で計15分。主催者側は大会のために、皿そば1万1千皿(2200人前)を用意した。

 参加者は「第44回そば喰い大会」の鉢巻きを締めて気合十分。箸で皿そばをつまんで口の中に入れると、流し込むように食べ、次々と皿を重ねた。「ママー、がんばれー」という幼い子供の声援も飛んだ。

 個人戦女子の部に初めて出場し、90皿を平らげて優勝した兵庫県香美町小代区の飲食店員、西村美穂さん(26)は「寒かったけど、調子は最高だった」と余裕の表情を見せた。

 個人戦総合では、東京都新宿区の中島保さん(41)が97皿で優勝。昨年の153皿には及ばなかった。

「産経WEST」のランキング