産経WEST

エディオン事件で上新電機を書類送検 転職者から「業務で営業秘密を不正取得」と判断 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


エディオン事件で上新電機を書類送検 転職者から「業務で営業秘密を不正取得」と判断 大阪府警

 家電量販大手「エディオン」(大阪市)の営業秘密が不正に取得された事件で、大阪府警は17日、不正競争防止法違反(営業秘密の不正取得、開示)容疑で、同業他社の上新電機(同)を書類送検した。経済産業省や府警によると、営業秘密の不正取得をめぐり、法人の責任が問われるのは異例。

 不正取得したとされるのは、エディオン元課長で上新に転職した笹沢淳被告(53)=同法違反罪で公判中。府警は、笹沢被告が上新の業務用パソコンを犯行に使用し、動機を「上新の役に立つと思った」と供述したことなどから、上新の業務として情報を取得したと判断。上新に同法の両罰規定を適用した。

 上新の書類送検容疑は昨年1月下旬、笹沢被告が業務として、遠隔操作ソフトを使い、エディオン側のパソコンに保存されていた過去の売り上げなど4件のデータを上新の業務用パソコンに転送し、不正に営業秘密を取得したなどとしている。

 上新は「厳粛に受け止め、コンプライアンス態勢を一層強化し、法令順守意識をさらに向上させたい」としている。

「産経WEST」のランキング