産経WEST

【統一地方選】若年女性減少率が全国2位の89%!! 奈良・川上村の課題は40年間「過疎対策」だが…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【統一地方選】
若年女性減少率が全国2位の89%!! 奈良・川上村の課題は40年間「過疎対策」だが…

大阪から移住し、村営住宅で生活する吉田さん=奈良県川上村

 民間研究機関「日本創成会議」(座長・増田寛也元総務相)は昨年5月、2040年に若年女性(20~39歳)の減少率が50%を超え、全国896市区町村が消滅する恐れがあるとの試算を発表。過疎化に悩む地方の自治体などに衝撃を与えた。26日投開票の統一地方選後半戦では、政令市以外の市区町村長選と議員選が行われる。若年女性の減少率が全国2位で、21日に議員選挙が告示される奈良県川上村を歩いた。(浜川太一)

 「まさか、こんな形で村がクローズアップされるとは…。ただただショックだった」。川上村で生まれ育ち、昭和44年の入庁以来、過疎対策に取り組んできた栗山忠昭村長(64)はそう語る。

 県内では39市町村の3分の2にあたる26市町村で消滅可能性が指摘され、とりわけ山間地の川上村は若年女性の減少率が89・0%にも達し、2040年に村内に住む若年女性人口予想はわずか8人だった。

 かつて吉野杉の生産地として栄えた吉野川最上流に位置する「水源の村」。最盛期の昭和35年の人口は8千人。約800人が林業に従事したが、安い外国材の流通などで需要は年々減少。比例するように人口が急激に減少した。今年1月の人口は1603人で、高齢化率は56%に上る。

このニュースの写真

  • 若年女性減少率が全国2位の89%!! 奈良・川上村の課題は40年間「過疎対策」だが…

「産経WEST」のランキング